MENU
  • 文字を大きくする
  • 文字を小さくする
電話によるお問い合わせ(平日 月~金曜日 9:30~18:00) 生活サポート基金 03-5227-7260/都民の方 03-5227-7266/神奈川・埼玉・千葉の方 03-5227-7280
ホームページからのお問い合わせはこちら

生活サポート基金について

☆ソーシャル・エンジェル・ファンドの支援は、「東京にお住まいの方」が対象です

ソーシャルエンジェルファンドとは

金融による社会的課題解決の取組み

2007年から多重債務者救済のための相談・貸付を行ってきた生活サポート基金の経験を活かし、東京都の国際金融都市東京をめざす政策のひとつとして、金融による社会問題の解決に取組みます。


めざしていること

東京から「貧困の連鎖」を断ち切る

国連のSDGsの第1目標は「貧困をなくそう」。たくさんの人が暮らす東京から、貧困をなくす・減らすための取組みを始めます。貧困の固定化・連鎖が大きな問題となっています。子どもの貧困は親の貧困でもあり、「就労」と「就学」の両方の機会を広げる取組みを行います。

誰もが「チャレンジできる社会」をつくる

当事者の意思を大切にするとともに、伴走しながらサポートする態勢が必要です。支援団体と市民がつながる仕組みをつくり、包摂型の地域づくりをめざします。


ソーシャルエンジェルファンド事業の内容

貸付

※貸金業の登録をしている生活サポート基金が行う貸付です

東京都生活再生相談及び認定NPO法人しんぐるまざぁず・ふぉーらむの相談を受けた上で申込ができます。 貸付金の返済は、就学支援の財源としても活用されます。

助成

※支援対象は、ひとり親世帯と社会的養護下でくらしたことのある方です。

(1)ひとり親世帯の就労支援

(認定NPO法人しんぐるまざぁず・ふぉーらむと連携)
ひとり親世帯の就職・転職のための個別相談支援です。

(2)社会的養護施設下の方の就労マッチング支援(首都圏若者サポートネットワークと連携)

児童養護施設や里親等の社会的養護下で暮らしたことのある方の就職に向けた体験就労を、都内の協同組合等の事業所で行います。

(3)ひとり親世帯と社会的養護施設下の若者の就学支援

ひとり親世帯や社会的養護下で暮らしたことのある方の就学の機会を応援するための取組みです。
財源は、ひとり親貸付の返済金の半分と、市民・団体・企業の寄付金を予定してます。貸付を利用した方と市民との参加型支援の取組みです。

●連携団体

 

認定NPO法人しんぐるまざぁず・ふぉーらむ →HPはこちら

首都圏若者サポートネットワーク →HPはこちら

 


ソーシャルエンジェルファンドの財源

ソーシャル・エンジェル・ファンドの主な財源は、東京都が実施しているESGファンド※の管理報酬の一部からの寄付です。
これに市民・団体・企業からの寄付を加え、さらに大きな社会的支援となることをめざしています。
ぜひご参加ください。

※E(環境、Environment)、S(社会、Social)、G(企業統治・ガバナンス、Governance)をそれぞれ意味し、地球温暖化対策や女性の活躍、社外取締役の選任などに積極的に取り組む企業の姿勢を投資判断に活用する投資

ソーシャルエンジェルファンド事業の内容

あなたの参加で、支援の力をさらに大きくすることができます

ひとり親家庭や社会的養護施設下で暮らしたことのある方が、就学する際に必要としている備品・制服・教材などの購入の支援に使われます。内容は支援団体と協議中です。

寄付の方法

下記まで振込をお願いします。
一口1,000円。何口でも結構です。

銀行名 みずほ銀行 銀座支店(035)
種 類 普通口座
口座番号 4209853
名義人 一般社団法人生活サポート基金
シャ)セイカツサポートキキン

※振込費用のご負担をお願いします。
寄付される場合は寄付される旨をメール・電話でお伝え下さい。
お知らせ等をお送りします。


ホームページからのお問い合わせ

市民ファンドのご案内|投資をお考えの方はこちら。

個人再生ファンド

多重債務者や生活困窮者への生活再生資金融資の原資として新たに「個人再生ファンド匿名組合Ⅱ」への出資を募集しております。

詳しくはこちら
生活支援ファンド

生活困窮者の生活支援のための市民ファンドの形成も調査・検討を進めていきます。

詳しくはこちら
地域づくり支援事業[大船渡復興支援のご案内]